モントリオールってどんなところ?

envelope お申し込み/お問い合わせ

images/city-hall.jpg

「カナダでホームステイ」と耳にするとき、どんな「カナダ」のイメージが思い浮かぶでしょうか。 カナダに持つイメージは、皆さんそれぞれだと思います。 実際、カナダはとても広大な国で州によってその特色がかなり違います。

モントリオールはケベック州にあって、その主な特徴としては、フランス語と英語を公用語としているところでしょうか。 フランスの文化とイギリスの文化、それから更に多くの異なる国々の文化が共存する、国際的で刺激的な都市と言えます。

images/montreal.jpg

例えば、街で買物に出掛けると、まず「ボンジュール」と声をかけられます。 そして、こちらが「ハロー」と言うのを合図に、英語での接客が受けられます。 接客業をする人々のほとんどがフランス語と英語を使い分けることが出来るバイリンガルで、その使い分けは見事なほどスムーズです。 ここでは「バイリンガルである」と言うことはとても自然なことで、と同時に本当のバイリンガルであることの魅力を身を持って実感することが出来るでしょう。

images/old-montreal.jpg

フランス語を母国語とする人たちの中には、少しだけたどたどしい英語を話す人も沢山います。そんな人々に触れ合う度に、「完璧な英語」を話すことよりも、いかに上手くコミュニケーション出来るか、と言うことの重要性を思い知らされます。そしてここでは多くの人たちが、完璧な英語を使わない人と言うのに慣れているので、少しくらいたどたどしい英語にもとても寛容な気がします。

その他に、モントリオールで私が特に気に入ってる点を二つ挙げると、まず第一は街や人々がとてもお洒落で洗練されていると言うこと。 そして二つ目は、水と食べ物が美味しいと言うことです。これらは、フランス文化の影響が多大にあるかと思いますが、私にとってはとても刺激的で、嬉しいことでもあります。なぜならば、私が以前暮らした別の州では、水が硬水で美味しくなかったし、おいしいパンを探すのにもとても苦労した経験があるからです。

モントリオールは、北米とヨーロッパを同時に楽しむことが出来る都市として、そして更にその郊外では、わずかな時間で都会とカントリーサイドのどちらも楽しむことが出来るので、あれこれ違った魅力を楽しみたい欲張りな人にはぴったりな場所と言えるでしょう。

次は、まゆみおばさんの日記へどうぞ。